アップロード手順

1)データを準備します
2)一つの圧縮ファイルにします
3)FTPでアップロードします

1)データを準備します

ファイル名やフォルダ名は、ネーミングルールに従って下さい。

  1. 全てのデータに半角英数字、拡張子付きのファイル名が付いていることを確認します。
  2. 原稿を入れるためのフォルダ(例「nyuko_data」)を作成します。
  3. このフォルダの中に、入稿するデータに応じて表紙用フォルダ(例「hyoushi」)や本文用フォルダ(例「honbun」)を作成します。
  4. 作成したフォルダの中にデータを入れます。
例)nyuko_data(フォルダ)
      └ hyoushi(フォルダ)
           └ hyo_1.eps, hyo_4.eps
      └ honbun(フォルダ)
           └ 03.tiff, 04.tiff,・・・ 32.tiff

2)一つの圧縮ファイルにします

ZIP形式またはLZH形式で圧縮して下さい。

圧縮する際、パスワードを掛けないで下さい。

ソフトウェアのご案内

  1. 原稿を入れたフォルダ(例「nyuko_data」フォルダ)から、圧縮ファイル(例「nyuko_data.zip」ファイル)を作成します。
例)nyuko_data(フォルダ)        →(フォルダ全体を圧縮)nyuko_data.zip

3)FTPでアップロードします

  1. FTPクライアントソフトウェアを起動し、「サーバー名」「アカウント名」「パスワード」を設定します。

    ※セキュリティ機能(下記)を使用する場合は、必要に応じて設定して下さい。

    ソフトウェアのご案内

  2. サーバーに接続し、圧縮ファイル(例「nyuko_data.zip」ファイル)をアップロードします。
  3. アップロードが完了したら、接続を切断して下さい。

例)nyuko_data.zip    →(アップロード)
  • アップロードが完了すると、ご利用のアカウントは無効になります。ソフトウェアによっては、アップロード完了後に「サーバーに接続できない」旨のエラーを表示する場合がありますが、これはサーバー側でアカウントが無効になったために起こる現象で、異常ではありません。

  • アップロードの途中で〆切日時に達すると、アップロード中であっても接続が切れ、未入稿となります。また、同時にアカウントの有効期限も切れるため、アップロードできなくなります。
  • 〆切間際はアクセスが集中し、時間が掛かりやすくなります。また、ファイル容量やお客様のインターネット環境(ISDN回線など)によっても掛かる時間が変わります。アップロードは時間に余裕を持って行って下さい。
  • 午前5:00~6:00はメンテナンスのため、予告なくサーバが停止することがあります。この時間帯をなるべく避けてご利用下さい。

セキュリティ機能の設定について

どのような機能ですか?

FTPSは、通信を暗号化することにより、アップロード中にデータが盗聴されるのを防ぎ、データが他の人に漏れないようにします。

ワンタイムパスワードは、実際に使用されるパスワードを毎回変えて、パスワードの漏洩を防ぎます。(データの盗聴を防ぐものではありません。)

ご利用にはセキュリティ機能に対応したFTPクライアントが必要です。

どうすれば使えますか?

セキュリティ機能のご利用は任意です。アカウントをお申し込みの際にご指定下さい。

(セキュリティ機能を有効にした場合、非対応のFTPクライアントでは接続できません。ご利用のソフトウェアが下記の設定に対応していることを前もってご確認下さい。)

サーバーに接続する際に、必要に応じて下記の設定をお願い致します。

FTPS(FTP over SSL/TLS)

次のいずれかをご利用ください。

・FTPS Explicit(明示的な暗号化)/ポート21/TLS1.0 

・FTPS lmplicit(暗黙的な暗号化)/ポート990/TLS1.0

ワンタイムパスワード
方式を「S/Key MD4」に設定します。


FTP入稿

このページのトップ