原稿の作り方

2014年2/1(土)のご入稿分より紙原稿・データ原稿混在の受付を開始します。

トラブルを避ける

原稿作成・入稿時、特にご注意が必要なものを説明しております。

原稿を作られる前に

~トンボ、綴じ方向、原稿作成サイズ、文字位置、ノンブル・通し番号

モノクロ原稿の作り方

~画材、原稿用紙、スクリーントーン、あみかけ、小説原稿

フルカラー原稿の作り方

~2色刷り、フルカラー画材、フルカラー描き方、5色フルカラー

データ入稿しよう

~入稿メディア、アプリケーション、フォント、CMYK/RGB/グレースケール/モノクロ

表紙データ入稿 ※2012年1月より無料化 

~アプリケーション、入稿、トンボ、塗り足し、背幅

本文データ入稿

~アプリケーション、入稿、容量、サイズ、ノンブル、トンボ、他

Photoshopを使う

~トンボ、画像解像度

Illustratorを使う

~トンボ、配置画像、文字、カラー 他

Wordを使う

~必ず「PDF形式」でご入稿ください。 .docファイルでのご入稿は対応しておりません。

InDesignを使う

~必ず「PDF形式」でご入稿ください。 .inddファイルでのご入稿は対応しておりません。

CLIPSTUDIOを使う

~必ず「psd(Photoshopドキュメント)」または「tif(TIFF)」形式でご入稿ください。
 .lipファイルでのご入稿は対応しておりません。

紙原稿・データ原稿混在について ※2014年2月1日より対応 

本文の入稿を「紙原稿」と「データ原稿」とを混在させる、紙原稿・データ原稿混在依頼書、他

その他のアドバイス

~より一層美しい本に仕上げるために