データ入稿しよう

データ入稿について

2014年2月1日(土)のご入稿分より紙原稿・データ原稿混在の受付を開始します。
(のぞみセットR、FTP入稿、WEB入稿除く)

入稿可能メディア・手段

入稿ディスクには必ず、お名前・電話番号・表紙または本文とご記入ください。

特定のソフトがないと開けない圧縮ファイルや分割されたファイルでのご入稿はご遠慮ください。

  • FTP
  • MYページからのWeb入稿
  • CD-R/RW、DVD±R/RW/RAM
    (焼き込みはCD-R/RW:16倍・DVD±R/RW:4倍を目安にしてください)
  • ※CD-R/RW、DVD±R/RW/RAMの書き込みの失敗を防ぐ為に以下の点にご注意ください。

    1:書き込み速度調整の方法がわからない場合には、なるべく国産メディアでご入稿ください。

    2:市販のライティングソフトをご利用の場合、データ入稿依頼書の備考欄にソフト名をご記入ください。

    3:市販のライティングソフトをご利用の場合、パケットライト(書き込みや消去が出来る)方式は使用しないでください。

    詳細はソフトメーカーにご確認ください。

  • 3.5インチMO

アプリケーションソフトと保存形式

アプリケーションソフト 対応保存形式 注意事項

Adobe Illustrator

~CS6、CC

ai

Illustrator EPS

作成したバージョンで保存してください。

文字はアウトライン化し、レイヤーは結合してください。

透明効果は事前にご相談ください。

1ページ=1ファイルで保存し、ノンブルとファイル名を統一してください。

Adobe Photoshop

Corel Painter

CLIPSTUDIO

Comic Studio

COMIC WORKS … など

PSD

TIFF(LZW圧縮可)

Photoshop EPS

レイヤーは背景になるまで画像統合してください。

1ページ=1ファイルで保存し、ノンブルとファイル番号を統一してください。

※小説などの文字の多い原稿の場合、エンコードの圧縮によって劣化する場合がありますので、Photoshop EPS以外をおすすめいたします。

Microsoft Word
2007~2010
PDF
推奨:ISO19005-1に準拠(PDF/A)

※.doc / .inddファイルでのご入稿は対応しておりません。
必ず下記の「PDF形式」でご入稿ください。

  • 本文データのみ
  • フォントの埋め込み
  • サイズは原寸+塗り足し
    (上下左右3ミリずつ:B5本・・・ヨコ188×タテ263ミリ、A5本・・・ヨコ154×タテ216ミリ)
  • カラーオブジェクトを含まない
  • 1ファイル内に含まれる始まりと終わりのノンブルをファイル番号にして保存してください。
    例)ノンブル:3ページ~16ページ → ファイル名:003-016.pdf

その他のフリーソフトで作成されたPDFは不具合が生じる可能性があります。

事前に大陽出版(一般的なご質問や、個別のお問い合わせ)までサンプルデータをお送り頂く事前チェックをお勧めいたします。
(以前に同じ作業環境で入稿されている場合は不要です)

Adobe InDesign

PDF
推奨:PDFX1a 2001 JPN推奨

データの送り直しの場合は、希望の納期に間に合わなくなることや、割増手数料が発生する事があります。

データの最終チェックは確実にお願いします。

※直接・宅配便・郵便入稿の際は「データ入稿依頼書」を記入して発注書に添えてください。

 FTP入稿の場合は「FTP入稿依頼書」を記入し、発注書などとあわせて渋谷店に送信してください。

CMYKとRGBの違い

CMYKは色の三原色、RGBは光の三原色になります。

RGBはパソコンなどのモニターや光を発するものに使われる色で、印刷に使われるCMYKとは色の領域が全く違うため、再現できない色が出てきてしまいます。

色域警告「警告」マークの出る色は特に注意が必要です。

CMYKの色域でカバーできない色は、実際に印刷した際きれいに再現出来ないことをご了承ください。
(蛍光色・メタル色といった色は表現できませんので沈んだ色合いになります)

※当社でRGBからCMYKへの変換をご希望の場合、完全には再現出来ない色がありますので予めご了承ください。

モノクロ2階調とグレースケール

モノクロ2階調(600・1,200dpi)

モノクロ2階調
白と黒のみのデータ・線がシャープ

適している原稿

  • アミ点のトーンを貼ったものをスキャンしてデータにする場合
  • ベタにムラができてしまったもの
  • グレーを使っていないデータ…など

グレースケール(350・600dpi)

グレースケール
紙原稿では表現出来ないグレーが印刷できる

注意点(以下のような原稿はモアレ発生の原因になります)

  • グレー部分に細いアミ点をのせた物
  • アミ点の色がグレーになっている
  • アミ点に消しゴムやブラシ効果を使っている…など