データについて(よくある質問)

データについて

本文データ入稿は黒白のみ色を使えば、RGBモードでも入稿してもいいですか?

モノクロ2階調・グレースケールどちらかのモードでご入稿ください。

RGB→グレースケール変換の対応は致しますが、見た目がカラーの場合、お客様に一度返却し、データを直して頂くこととなります。

一度返却させて頂くため、ご希望の納品日に間に合わない場合がありますのでご注意ください。

直接入稿、宅配便・郵便入稿の場合、メディアのみ入稿すればいいですか?

メディアと発注書・データ入稿依頼書・出力見本が必要になります。

メディアに保存したファイルがきちんと開くか、お客様自身で確認してからご入稿ください。

ただし、Web入稿、FTP入稿の場合は出力見本は必要ありません。

本文データにもトンボは必要ですか?

Photoshop-中心あわせの場合、トンボは必要ありません。

Illustrator-全ページトンボが必要になります。

当社のテンプレートをご利用ください。

トンボはどのように入れたらいいですか?

Photoshop-中心あわせの場合、本文データの場合にはトンボは必要ありませんが、表紙データにはトンボが必要となります。Photoshopにはトンボを入れる機能がないため、ラインツール等で直接記入して頂くか当社のテンプレートをご利用ください。

Illustrator-長方形ツールでサイズを入力 → フィルタ → クリエイト → トリムマーク でトンボを作成してください。

HPからトンボ付きテンプレートのダウンロードが可能です。

文字のアウトラインはどのようにしたらいいですか?

Photoshop-Photoshopにはアウトラインの機能はありません。

画像を全て統合しますと自動的に文字レイヤーも統合されて、文字の変更などは出来なくなります。

Illustrator-文字を全て選択 → 文字 → アウトライン作成でアウトラインが作成されます。

表紙をRGBモードで入稿する時の注意点は?

RGBデータをCMYKへ変換しますと、どうしても色味の変わってしまう部分が出る可能性があります。どの程度色が変わってしまうかというのは、その原稿に使用された色域によって変わってきますので一概にこうだとはいえません。

RGBデータでのご入稿の場合、プロファイルを埋め込んでください。

色補正をする際、できるだけお客様のイメージするものに近づけるために補正致しますが、CMYKの色域ではカバーできない色(鮮やかな蛍光色といった色は表現出来ませんので、沈んだ色合いになります)は再現できないことをご了承ください。

表1・4は別々のファイルでいいですか?

なるべく同じファイルにしてください。

同じファイルにできない場合は、背表紙の部分をどちらかのファイルに必ず入れ、当社での面付け時に分かりやすいよう出力見本などに説明書きを入れてください。

背表紙の部分はどれくらいの幅をとったらいいですか?

本文用紙・ページ数によって変わります。一覧表をご覧ください。

背幅の詳しい説明

背幅の計算式

本文ページ数 ÷ 2 × 上質70kg・書籍用紙 (0.1) =背幅(mm)
上質90kg・クラフト・オリンパス (0.12)
コロナ (0.13)
書籍バルギー (0.14)
アドニスラフ・スーパーバルギー (0.16)

※この計算式で求められる数値はあくまでも目安です。厳密な値ではありませんのであらかじめご了承ください。

MO・CD-R・DVD-Rはいつ返却されますか?

基本的には本と同送します。同送されなかった場合は1~2週間後に別途宅配にて返却となります。

Photoshopの保存はどのような形式ですればいいですか?

PSD形式または、TIFF形式またはPhotoshop EPS形式で保存してください。

TIFF形式 - LZW形式可。

TIFF・Photoshop EPS形式 -プレビュー:Macintosh(8 bit/pixels)、エンコーディング:バイナリを選んで保存してください。

※小説などの文字の多い原稿の場合、エンコードの圧縮によって劣化する場合がありますので、Photoshop EPS以外をおすすめいたします。

どんなものに保存して入稿したらいいですか?

CD-R/RW、DVD±R/RW/RAM、MO(640MBまで)でのご入稿が可能です。

メモリースティック、SDカードは基本的に受け付けていません。